内科/血液内科

内科

「どの診療科を受診したら良いだろう」とお悩みになった経験はございませんか? 当院では内科系の疾患について幅広く診療行っており、不定愁訴(なんとなく具合が悪い、なんとなくだるいなど)についても総合的に診断し治療をいたします。

内科医師 柳生友浩

一般内科

風邪、インフルエンザ、肺炎や胃腸炎などの急性の病気、 健診での検査異常相談、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、メタボリック症候群、痛風などの生活習慣病の予防と治療、アレルギー、花粉症、膠原病、甲状腺疾患等の診断治療。動脈硬化などの診断と治療を行います。 緊急を要する場合は高次医療機関にご紹介します。

生活習慣病

生活習慣病とは、生活習慣により起こる慢性疾患を指します。重大な病気のリスクが高まり心臓病や脳卒中などに大きく影響を及ぼします。高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病が大きな要因となっており、初期では無症状の場合が多く、症状が出始めたころには病状が進行していることが多いのです。
当院では生活習慣や食事療法などについてアドバイスを行い、患者様にとって適切な治療を考えます。

  • 浜松市検診や雇入れ時検診が可能です。
  • インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンなどの予防接種が可能です。

漢方治療

漢方治療の特徴は、身体の異常をよく観察して自然治癒力を発揮させて治すところにあります。自然治癒力が弱い場合、漢方薬はこれを補います。

漢方治療の効果が期待できる症状

風邪、冷え、ほてり、のぼせ、頭痛、しびれ、むくみ、便秘、下痢、めまい、食欲がない、体がだるい、イライラしやすい など

血液内科

血液内科とは赤血球・白血球・血小板などの血液細胞の異常やその血液細胞をつくっている骨髄の異常、リンパ組織の異常、出血を止めるはたらき(止血・凝固)の異常を対象とする診療科です。

血液のがん(白血病・悪性リンパ腫・骨髄異形成症候群・多発性骨髄腫など)・再生不良性貧血・特発性血小板減少性紫斑病などといった血液の病気の診断と治療を行います。

当院では、造血器腫瘍や難病などの専門的な血液内科の診療をはじめ、患者さんを全身的にとらえる総合的な診療を心掛けております。

主な症状

  • 赤血球 白血球 血小板の異常(健診等で指摘された)
  • リンパ節腫脹(首などのしこり)
  • 出血傾向(出血しやすい、止まりにくい)

緊急を要する場合は浜松医科大学附属病院・浜松医療センターをはじめとする近隣の総合病院と連携します。

検査

血液・尿検査

糖尿病、脂質代謝異常症、肝臓病、腎臓病、膠原病、炎症性疾患、貧血などの血液疾患の診断に用います。また、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症、食物アレルギーなど、アレルギー疾患の検査も行います。
緊急性の高い疾患にも対応できるよう、血算・CRP・生化学の迅速検査機器を設置しています。

当院で当日報告することが可能な項目

血液検査
  • 血算(白血球・白血球5分画・赤血球・血色素量・ヘマトクリット・血小板)、CRP
  • 肝・胆道系(AST・ALT・γ-GTP・LDH・ALP・総ビリルビン、アミラーゼ)
  • 腎機能(BUN・クレアチニン・eGFR)
  • 尿酸、CK、脂質(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)
  • 血糖、HbA1c
  • 電解質(Na・K・Cl・カルシウム)、トロポニンT
尿検査
  • 尿定性
  • 尿中肺炎球菌抗原、尿中レジオネラ抗原
鼻腔・咽頭拭い液検査
  • インフルエンザ抗原
  • マイコプラズマ抗原
  • A群β溶連菌抗原

レントゲン検査

胸部や腹部のX線撮影を行っております。
せきが出たり胸が苦しい、息苦しいといった症状の際に行う検査です。それ以外にも健康診断などでも実施します。体の中にある臓器や器官の状況について情報を得ることができます。
胸部のレントゲン撮影であれば肺炎や肺がん、胸水など肺に関する様子を確認できます。また心肥大や胸部大動脈瘤など心臓病の診断にも用いられます。
腹部であれば腸閉塞や尿路結石などの様子を調べることができます。
レントゲン検査はいつでも可能ですので、お気軽にご相談ください。

血圧・脈波検査(CAVI/ABI)

CAVI Cardio Ankle Vascular Index (心臓から足首までの動脈の硬さ)
ABI  Ankle Brachial pressure Index (下肢動脈の狭窄、閉塞)
動脈硬化による下肢動脈の狭窄や閉塞を診断する装置です。また、特殊な指標を用いて患者様の「血管年齢」を表示することができます。

インフルエンザ診断

高感度インフルエンザ迅速診断システム「富士ドライケムIMMUNO AG1」は、従来の検査キットでは診断が難しかった発症初期のインフルエンザでも、迅速診断が可能となりました。

骨密度測定

骨を構成しているカルシウムなどの量(骨量)を測り、骨の強度を調べる検査です。骨密度が低下すると、骨粗鬆症という骨の中がスカスカな状態になり骨折しやすくなりますので、骨密度を定期的に測定することが重要です。
特に女性は、男性と比較して骨量が少ない上に閉経後にはホルモンバランスが崩れ骨密度が低下するため、積極的に検査を受けることをお勧めします。
当院ではレントゲン検査(MD法)を用い、骨密度の測定を行っております。 検査自体は当日お申し出頂いても実施可能です。

予防接種

  • インフルエンザワクチン
  • 肺炎球菌ワクチンなど

その他ワクチンについてはお問い合わせください。

健康診断

浜松市特定検診、定期健診、雇い入れ時検診なども承ります。
特定検診以外の、通常の定期健診・雇い入れ時検診については、検査結果を当日報告することも可能です。お電話または受付までお気軽にお問い合わせください。

当日報告することが可能な項目

身体計測/尿一般/血液検査【中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール、空腹時血糖、HbA1c、肝機能(AST/ALT/γ-GT)、クレアチニン、貧血(赤血球・血色素量・ヘマトクリット)】視力検査、聴力検査、心電図、胸部レントゲン

page top